灰皿の携帯がマナー?

  だんだんと喫煙者の居場所がなくなってきました。駅やバス停では、灰皿自体を撤去しているところも増えてきて、飲食店でも禁煙席だけでなく、禁煙時間を設けるようになってきました。JTも必死にアピールしてますよね。

 これからは、ライターとセットで携帯灰皿を持ち歩くのが当たり前の世の中になっていくのかもしれませんね。喫煙者のマナーとして浸透していくのかな?

 昔から、携帯灰皿というものはあったのですが、そういったこともあって、いろいろなデザインの形態灰皿が製作されるようになりました。

 種類もいっぱいあって、定番のポーチ式や蓋付きのスチール缶式、筒型になったシリンダー式などがあります。携帯灰皿コレクターという人もネットで見かけます。

 最近では、コンビニエンスストアでも携帯灰皿を置いており、安いもので100円くらいで売っています。当然のことながら、100円ショップにも置いてます。

 ただ、せっかく使うのであればおしゃれに決めたい。もしかしたら、プレゼントにって考えている人もいるかもしれないですよね。

 携帯灰皿について、ちょっとまとめていってみます。