携帯灰皿を買おうカテゴリの記事一覧

携帯灰皿のブランド物?

 携帯灰皿でも、やっぱり高級ブランド物ってあるもんで、有名なところで「ゼロ・ハリバートン(ZERO HALLIBURTON)」なんかがあります。20000円くらいしますよ。

 雑誌にもたまに載っているオロビアンコ(Orobianco)というブランドもあります。でも、この辺りは平たくて大きいタイプが多いので、サイズチェックが必要ですね。

 あと、ちょっと値段が下がってジッポー(Zippo)とかジバンシー(GIVENCHY)なんてのもあります。この辺りになると、5000円くらいで購入できますよ。

 この前、グッディ・グラム(Goody Grams)っていうのも見ました。これはよく知らないです。皮の財布みたいな感じでしたよ。

 それから、アウトドアの携帯灰皿。一般の人の喫煙マナーというのとは別に、ビーチや山で活動するアウトドアの分野で頑丈なのがどんどん発展してきました。なので、その機能は充実しています。

 結構出てくるのは、アウトドア関係はそんなに飛びぬけて優れているってブランド的なのが少ないのですが、ネットでよく見かけるのは、アビタックス・ウィンドミル・フィールドマックスなどです。

 この辺りは、探すときりが無いのである程度であきらめた方がいいです。700円〜3000円の価格帯ですからね。

 こっちの方は、とにかく頑丈・大容量タイプがそろってて、ネットで見ていても迷ってしまいます。個人的にはアビタックス(ABITAX)かな。おしゃれだから。

アビタックス(ABITAX)の携帯灰皿・アウトドアアッシュレイなんかは、とてもおしゃれな携帯灰皿です。手のひらに収まるアルミニウム合金製で、フタもスライド式になっており、開けたときに飛び散ったりしません。

特徴的なのは、そのカラーリングでカラフルな色彩12色を用意しています。ベルトに取り付けるためのクリップと首にぶら下げるネックストラップも付いています。

 最近では、コレクションしている人がホームページにアップしていたりするんで、探してみるといいですよ。

灰皿の携帯がマナー?

  だんだんと喫煙者の居場所がなくなってきました。駅やバス停では、灰皿自体を撤去しているところも増えてきて、飲食店でも禁煙席だけでなく、禁煙時間を設けるようになってきました。JTも必死にアピールしてますよね。

 これからは、ライターとセットで携帯灰皿を持ち歩くのが当たり前の世の中になっていくのかもしれませんね。喫煙者のマナーとして浸透していくのかな?

 昔から、携帯灰皿というものはあったのですが、そういったこともあって、いろいろなデザインの形態灰皿が製作されるようになりました。

 種類もいっぱいあって、定番のポーチ式や蓋付きのスチール缶式、筒型になったシリンダー式などがあります。携帯灰皿コレクターという人もネットで見かけます。

 最近では、コンビニエンスストアでも携帯灰皿を置いており、安いもので100円くらいで売っています。当然のことながら、100円ショップにも置いてます。

 ただ、せっかく使うのであればおしゃれに決めたい。もしかしたら、プレゼントにって考えている人もいるかもしれないですよね。

 携帯灰皿について、ちょっとまとめていってみます。